U-NEXT

約束のネバーランドのサブタイトルは数字しか無いのはどうして?何か深い意味でもあるのかな?

こんな疑問にお答えします。

基本、アニメのサブタイトルは、1話ごとにその内容を切り取ったタイトルが付けられていて、話を連想させる様な工夫がされています。

しかし、約束のネバーランドのアニメのサブタイトルは、数字しか使われていないんです。

本記事では以下が分かります。

  • 約束のネバーランドのサブタイトルの意味
  • 数字をサブタイトルに使う意味

詳しく解説していきます。

約束のネバーランドのサブタイトルの意味は?

約束のネバーランドのサブタイトルの意味は?
約束のネバーランドのアニメは第1期まで放送されていて、全12話まであります。(第2期は2021年1月放送予定。)

そんな、約束のネバーランドですが、アニメのサブタイトルは以下のようになっています。

話数 サブタイトル
EPISODE.01 121045
EPISODE.02 131045
EPISODE.03 181045
EPISODE.04 291045
EPISODE.05 301045
EPISODE.06 311045
EPISODE.07 011145
EPISODE.08 021145
EPISODE.09 031145
EPISODE.10 130146
EPISODE.11 140146
EPISODE.12 150146

全12話全てのサブタイトルが数字という奇妙な状況になっています。

サブタイトルの数字の意味は以下です。

サブタイトルの数字は日付けを表していた

約束のネバーランドのサブタイトルの数字ですが、実は日付けを表しています。

話数 サブタイトル 数字の意味
EPISODE.01 121045 2045年10月12日
EPISODE.02 131045 2045年10月13日
EPISODE.03 181045 2045年10月18日
EPISODE.04 291045 2045年10月29日
EPISODE.05 301045 2045年10月30日
EPISODE.06 311045 2045年10月31日
EPISODE.07 011145 2045年11月01日
EPISODE.08 021145 2045年11月02日
EPISODE.09 031145 2045年11月03日
EPISODE.10 130146 2046年01月13日
EPISODE.11 140146 2046年01月14日
EPISODE.12 150146 2046年01月15日

EPISODE1の場合、121045の数字です。

つまり、2045年10月12日という意味になり、その日の出来事を表しています。

物語の進行に合わせて、時系列が分かるような工夫がされているんです。

サブタイトルが数字なのはアニメだけ

約束のネバーランドは週刊少年ジャンプで連載していた人気作品です。

現在は完結しており、単行本は全20巻です。

そんな、約束のネバーランドですが、サブタイトルの数字はアニメ版だけで、公式から数字の意味の解説はありませんでした。

しかし、アニメを見ると分かりますが、1話の場合だとオープニングでカレンダーが映りますが、2045年10月12日に〇がされていて、コニーと書かれています。

コニーは1話で里親に預けられる名目で、出荷されてしまう子供です。

以下の動画配信サービスで確認出来ます。

【無料】約束のネバーランドのアニメ見逃し配信【視聴方法】

初回登録に限り無料期間があり、期間内の解約でお金が掛からないので、全12話見る事が可能です。

数字の年月日が逆の理由は?

1話の121045が2045年10月12日を表す場合、451012な気がします。

あえて、逆にしているのかと思っていましたが、実は約束のネバーランドの舞台は日本ではないようです。

海外では、実際に日付けを12/10/45と表示する国もあるみたいで、日月年となります。(どこが舞台化は明かされていません。)

  • 日本:年月日
  • 海外:日月年

おそらくですが、様々な謎解き要素を盛り込んで、ファンを楽しませていると推測出来ます。

まとめ

約束のネバーランドのサブタイトルに数字が使われている意味を解説しました。

最後にもう一度まとめます。

  • 数字は日付けを表している。
  • 日付けで物語の時系列が分かる。
  • 数字が逆なのは舞台が海外だから。

約束のネバーランドの第2期は2021年1月から放送開始です。

それまでに1期を動画配信サービスで全12話チェックして見て下さい。

【無料】約束のネバーランドのアニメ見逃し配信【視聴方法】