Hulu

まじっく快斗「1412」の意味は何?数字がつかないタイトルもあるけど違いは何だろう?気になるので教えて下さい。

こんな疑問にお答えします。

本記事では以下の事が分かります。

  • まじっく快斗「1412」の意味
  • まじっく快斗とまじっく快斗1412の違い

まじっく快斗「1412」の意味

初代、怪盗キッドは元々「怪盗1412号」と呼ばれていました。

このまじっく快斗1412というタイトルは、怪盗1412号の数字の部分が使われています。

怪盗1412号」は警察が極秘に付けた名前です。つまり、国際指名手配者番号になります。

そして、初代怪盗キッドの正体は、まじっく快斗の主人公である、黒羽快斗の父親、黒羽盗一です。

では、なぜ怪盗1412号の名前が、怪盗KIDの愛称で多くの人に知られる事になったのでしょうか?

理由は以下です。

新聞記者が「怪盗1412」と書いたのを、工藤優作が「怪盗KID」と読み違えた。

新聞記者がかなり汚い字で、1412を殴り書きしました。

それがKIDに見えてしまったというエピソードがあります。

上記は、コナンの単行本16巻でアガサ博士が発言しています。

工藤優作が黒羽盗一を追いかけて、工藤新一が黒羽快斗を追いかけるという展開になっています。

親子で追う側・追われる側に分かれる奇妙な運命ですね。

まじっく快斗1412を全話視聴するならU-NEXTがオススメです。

\ 無料で600ポイントが貰える! /
U-NEXTを31日間無料体験する
クリックするとU-NEXT公式サイトに移動できます
※無料期間中に解約すれば料金は発生しません

まじっく快斗とまじっく快斗1412の違い

まじっく快斗は1987年からサンデーで連載されていました。

2020年現在5巻まで発売されています。続刊予定みたいです。

そして、「まじっく快斗」と「まじっく快斗1412」の違いは以下になります。

タイトル アニメ化 話数 製作会社
まじっく快斗  2010年  全12話  トムスエンタテインメント 
まじっく快斗1412 2014年 全24話 A-1 Pictures

ざっくりこんな感じです。

まじっく快斗は2010年に、劇場版名探偵コナン天空の難破船で、怪盗キッドがメインキャラとして登場することを記念して、アニメ化されました。

そのリメイク版がまじっく快斗1412です。

まじっく快斗1412を全話視聴するならU-NEXTがオススメです。

\ 無料で600ポイントが貰える! /
U-NEXTを31日間無料体験する
クリックするとU-NEXT公式サイトに移動できます
※無料期間中に解約すれば料金は発生しません

リメイク版では、名探偵コナンで怪盗キッドが登場したシーンを、怪盗キッド目線で描いています。

また、物語の時系列も2014年になっていて、スマホやタブレットも登場します。

まとめ

怪盗1412の意味

怪盗1412は警察が極秘に付ける。

工藤優作が1412をKIDと読み間違える。

そこからKIDが定着。

まじっく快斗とまじっく快斗1412の違い

リメイク版で1412のタイトルが最新です。

作品を区別する為にタイトルを変更しているという感じです。

\ 無料で600ポイントが貰える! /
U-NEXTを31日間無料体験する
クリックするとU-NEXT公式サイトに移動できます
※無料期間中に解約すれば料金は発生しません

関連記事:怪盗キッドの正体がバレる原因は?知っている人物一覧!