棋王戦予選決勝で

藤井聡太七段が敗れました。

 

藤井聡太七段に

勝利したのが、

都成竜馬五段です。

 

都成竜馬五段は

一体どんな人物なのか?

 

検索すると「都成竜馬被告」の

ワードが見つかりました。

 

今回は都成竜馬被告って何?

誰かに訴えられたのか?

調査してみました。

都成竜馬被告って何?真相がヤバイ・・・

ネットでプロ棋士なのに、

被告と検索されているようです。

 

被告の意味は以下です。

「民事訴訟で、訴えられた側の当事者。」

 

つまり、誰かに訴えられた

被告人を意味します。

 

そんな、状況で将棋に集中出来るのか?

 

誰に訴えられたのか、

気になったので調査しました。

 

すると、真相がヤバ過ぎました・・。

 

実は都成竜馬被告の意味は

放送事故が原因みたいです。

 

以下が放送事故の動画です。

いかがですか?

 

ナレーションの人が

言い間違えました。

 

本当は4段と言うところを

被告と言っています。

 

これは大問題ですね。

 

おそらくは日々様々な

ニュースを報道しているので、

被告という言葉を使う機会が多いはずです。

 

その影響か分かりませんけど、

被告はひどいですね。

 

私も始めて見た時に

都成竜馬被告のワードに

驚きました。

 

でも真相は言い間違いで、

訴えたれている事実は無いので、

確かめてほっとしています。

都成竜馬被告にネットの声は?

・都成竜馬被告って何をやらかしたの??気になる~・・・。

・都成竜馬被告って言い間違いからきてたのか。笑

・都成竜馬被告はさすがに酷い・・・。放送事故がやば過ぎです。

 

 

ネットでも被告の間違いが

話題になっていますね。

 

今後、注意して欲しいですね。

最後に

いかがでしたか?

 

今回は都成竜馬五段が

被告と呼ばれる真相を

調査してみました。

 

フジテレビニュースの

言い間違いのようですね。

 

被告じゃなくて良かったです。

 

以上が

都成竜馬被告って何?

訴えられたの?

真相がヤバ過ぎた・・!

でした。