老後に2000万円は当たり前なのか?

世間から不安の声が

たくさん聞こえてきます。

 

金融庁が老後資金に2000万円が

必要などとした報告書をまとめた事で

問題になっています。

 

今回は老後に2000万円は

当たり前で根拠はあるのか?

 

そして、対策はあるのかに

ついて見ていきましょう。

老後に2000万円が当たり前の根拠は何?

老後に2000万円いるというのは

当たり前の事で計算したら分かります。

 

以下を見て下さい。

年金だけでやりくりする場合、

相当厳しい生活になると思います。

 

普通はこれまでに貯蓄などがあり、

年金+貯蓄でまかないながら

働くというのが一般的です。

 

そしてこんな意見もあります。

平均約2000万円の貯蓄がある世帯の支出データを持ってきたら2000万円の余裕分を見込んだ支出になるのは当たり前で、それと年金を比べたら2000万円の差額が出たってそれだけの話なのにこういう持ってきかたはどうかな?

 

金融庁はあくまでデータに基づき

計算した結果を公表しました。

 

つまり、必ず2000万円が

必要ではありません。

 

仮に2000万円が必要な場合、

生活スタイルが全員一致しないと

ありえないからです。

 

足りない分は削れるところから

削りながら生活をしていると思います。

 

ただ、2000万円有り無しでは

圧倒的に有るほうが安心出来ます。

 

今一度、ご自身のライフスタイルを

見直すきっかけとして今後の生活の

プランや計算をして見て下さい。

老後に2000万円の対策はあるの?

老後に2000万円必要だとして

対策はどのようにするのか?

 

・貯金をしていく。

・退職金は老後の為に使う。

・本業以外の収入の道を探る。

 

1つ1つ見ていきましょう。

 

貯金をしていく

老後に2000万円必要と言われなくても

貯金は大抵の家庭はしています。

 

状況によっては無理かもしれません。

仮に貯金出来たとしても、

2000万円を貯めるのも厳しいです。

 

月に5万円貯金したとしても、

30年で1800万円です。

 

足りないです・・・。

 

なので、現実問題で貯金だけで

2000万円を貯めるのは

相当厳しいです。

 

でも少しでも足しになれば、

マシだと思って貯金して下さい。

退職金は老後の生活費

退職金を貰える企業に

勤めていないと貰えないですが、

退職金は老後の生活費に

当てるのが良いです。

 

先ほどの貯金+退職金で

老後の2000万円を

目指すのが一般的です

 

つまり、貯金だけでは貯まらないからと

貯金をしないのが一番駄目ですね。

本業以外の収入の道を探る

つまり、副業の検討ですね。

 

最近は企業によっては、

副業を認める企業が増えています。

 

まだまだ禁止されている

企業ばかりですが・・・。

 

老後の生活を企業が

保障するわけはありません。

 

企業のルールに従って定年まで働いて

その後は頑張って下さいというのが、

当たり前ですね。

 

企業に期待したり依存していては

厳しい現実が待ち受けて

いるかもしれません。

 

厳しい言葉かもしれませんが、

金融庁が2000万円と発表して

絶望するだけなのか、行動に移せるかで

数年後が違った未来になるかもしれません。

老後2000万円の注意点

副業を頑張っても体調を

崩しては元も子もありません。

 

まずはライフスタイルを

見直して長期のプランを

計画するところが重要ですね。

老後に2000万円は当たり前にネットの声は?

・老後に2000万円が当たり前って就職した時に知りたかった・・・後10年でとても貯めれない・・・。

・老後に2000万円が当たり前と言われても・・・。今から準備のしようがない。

・老後に2000万円必要で当たり前なんて急に言われても無理。これから先が不安です。

 

ネットでは不安の声もある中で

当たり前だよという声も多いですね。

最後に

いかがでしたか?

 

今回は老後2000万円の

根拠や対策を見ていきました。

 

金融庁の発表をむしろ

感謝するべきですね。

 

特に若い人は早めに事実を

知れるだけで対策を取る事が

出来ます。

 

以上が

老後に2000万円は

当たり前でヤバイ?

根拠や対策はあるの?

でした。