桐生祥秀さんと言えば、

日本人初の9秒台を出して

注目されています。

 

記録は9.98秒です。

凄いですね。

 

そんな桐生祥秀さんは

小学校時代もヤバイと

言われています。

 

足が速いということでしょうか?

調査結果を見ていきましょう!

桐生祥秀の小学校時代もヤバイの?

桐生祥秀さんは小学校時代は

サッカー部に所属していました。

 

えっ??

陸上じゃないの?

 

そうなんです!!!

驚きですよね。

 

そんな、桐生祥秀さんは

もちろん幼少期から足が

ずば抜けて速かったみたいです。

 

9秒台に到達出来るくらいなので、

陸上を専門にしていなくても

足が速い事は容易に想像出来ます。

 

そして、桐生祥秀さんは

小学校時代はサッカー部で

まさかのゴールキーパーを

していたみたいです。

 

自慢の足を活かすどころか

一番活かせないポジションを

選択するなんてサッカーを

続けなくて良かったですね。笑

 

そして、キーパーを選んだ

理由も衝撃です。

 

実はサッカー部の監督が

桐生祥秀さんの足が速すぎて

衝突で怪我をする事を懸念して

キーパーにしたみたいです。

 

ある意味ヤバイですね。

まさに伝説の男ですね!笑

桐生祥秀ネットの声!

・桐生祥秀さんは小学校時代もヤバイですね!足が速いって羨ましいです!!!

・桐生祥秀の小学校時代も陸上だったら中学とかも凄い記録残りしてそうですね!!!

・桐生祥秀の小学校時代も足が速かったんだ!!凄いです!!

桐生祥秀の小学校時代の

サッカーでキーパーに

驚いている人が多いですね!

最後に

いかがでしたか?

 

今回は桐生祥秀さんの

小学校時代の伝説を

見ていきました。

 

まさかのサッカー部で

ゴールキーパー!!!

という結論でしたね。

 

以上が

桐生祥秀の小学校時代もヤバイ?

小学校時代の伝説に驚愕!

でした。