2019年3月21日に東京ドームで行われた試合を最後にメジャーリーガーのイチロー選手が引退を表明しました。これまでプロ野球選手として様々な伝説を残してきました。

日本のみならず世界の野球ファンから愛される存在のイチロー選手が引退を表明した今、気になるのは今後の活動ではないでしょうか?

引退会見ではイチロー選手から明確な今後の活動が語られることはありませんでした。なので、これまでに引退したスポーツ選手のセカンドライフを参考にイチロー選手の今後を考えてみたいと思います。

イチロー選手が引退後に選びそうな職業とは?

タレントに転身してテレビ出演の可能性は?

スポーツ選手が引退してタレントに転身するのは決して珍しい話ではありません。実際にイチロー選手はテレビのCMにも出演していますし、何よりイチロー節と言われる独特の話術で周りにいる人を笑顔に変えてしまうトーク力と知名度があればタレントになっても引っ張りだこになるのではないかと予想出来ます。

CMにも出ていることから引退してからは依頼があればテレビの仕事もやっていくスタイルになのではないでしょうか?

参考までに引退してタレントとして成功している方を抜粋して以下にまとめてみました。

・元サッカー日本女子代表:丸山 桂里奈(まるやまかりな)

・元プロ野球選手:長嶋 一茂(ながしまかずしげ)

プロ野球のコーチや監督になる可能性は?

引退会見の時にイチロー選手がこのような事を仰っていました。「監督は絶対無理ですよ。これは絶対がつきますよ。人望がない。」冗談交じりに聞こえますが絶対と表現していることを考えるとプロ野球や日本代表の監督になることはないのかなと思います。

必ずしも一流の選手が一流の監督になるわけではないと思いますので、これまでプレーで評価されていたところが全体の結果を問われる監督をやるくらいなら本当はいつまでもプレイヤーでいたいのがイチロー選手の本音かもしれません。

ただし、イチロー選手はアマチュアの指導には興味があるようなことを仰っていましたので、今後は野球を引退しても何かしらの形で野球と携わっていくことが予想されますね。

ファンの思いは日本球界電撃復帰か?その可能性は?

メジャーで19年の長い間、第一線で活躍されたイチロー選手。素人目線からはまだまだやれそうに思いますし日本のファンは日本球界に復帰して欲しいと願う声も多いのは事実です。

しかし、引退会見の様子からその可能性はかなり薄いと読み取れます。実際にメジャーから日本球界に復帰して話題になっている中日の松坂大輔選手のようになってくれればファンからしたら嬉しいと思いますし、イチロー効果で球団はグッズやチケットが飛ぶように売れることは誰でも予想出来ますね。

起業して実業家として活動する道もアリ?

イチロー選手の奥さんである弓子さんは不動産事業やシアトル市内に美容エステ店をオープンして経営をしています。引退後は夫婦で会社を運営していくのも十分考えられます。ただし、イチロー選手は体を動かしていないと気がすまないようなので完全な仕事人間になることはないと思います。それに凄腕の弓子さんがイチローさんに一緒に働いて欲しいと思うかは微妙なところだと思います。

世界中を旅する旅人になる可能性は?

これまで野球と共に生きてきたイチロー選手は引退して時間とお金に余裕があると思います。普通だったらのんびりしたりこれまで出来なかったような家族と世界中を思いっきり旅するなんてのもありですよね。

しかし、引退後もトレーニングを続けると仰っていたのでのんびりはしないかもしれませんね。

飲食業を経営する可能性は?

野球選手が引退して飲食業を始めることは珍しい話ではありません。ただし、野球で活躍された人が必ず他の業界でも成功するとは限りません。ましてや飲食業は始めは話題性があってお客さんで賑わっても、時が経てば店を締めざるおえない事態になることも良く聞く話です。

それに体を動かす事が好きなイチロー選手は野球関連の職業でセカンドライフを過ごすのではないでしょうか?

松井秀喜さんを参考にイチロー選手の今後を想像してみる

松井秀喜さんは引退後に解説やヤンキースGM特別アドバイザーなどをやっています。イチロー選手もマリナーズで永久の役職を与えられるみたいな話もありますので引退後もマリナーズで選手の育成などもありえますね。

様々な選択肢の中からありえそうな事を考えた結果

上記で今後に選びそうな職業を考えてみましたが結論からいくと飲食業や旅人や監督は無いと思われます。

ただ、野球から完全に身を引く事は考えられないのでコーチや解説はありえますね。その他にもタレントとして日本のテレビでお目にかかれる回数が増えることも予想出来ます。それはそれでファンにとっては嬉しい事だと思います。

最後に

イチロー選手、長い間本当にお疲れ様でした。会見の中で奥さんを労う姿には本当に感動しました。これまで裏で奥さんの支えがあって現役を続けてこれたのかなと思いました。イチロー選手が僕はゆっくりしませんけど、奥さんにはゆっくりして欲しいと言ったところに夫婦の絆を感じました。

今後はまだ考え中と仰っていたイチロー選手の今後にこれからも注目していきたいと思います。