4月7日の午前9時前にGPSの時間情報をリセットするロールオーバーというものが行われるそうです。全く聞き慣れない言葉なので疑問に思うことがたくさんありましたので調べてみました。今回はGPSを20年に一度リセットする方法や市民への影響は大丈夫なのかを見ていきましょう。

GPSとは何か?

GPS(ジーピーエス)って普段当たり前のように使っている言葉ですけど何となくしか知りませんでした。

意味ですが、地球上の現在位置を、人工衛星からの電波で測り知る装置。全地球測位システム。という意味みたいです。まだ難しく感じますが、簡単に言うと自分の位置の現在位置が分かるという事ですね。車のカーナビがまさにGPSで位置情報を取得していますね。

そしてGPSはグローバル ポジショニング システムの略みたいです。

GPSのリセットって何?ロールオーバーとは?

GPSは20年に一度リセットしないといけないみたいです。どうやら、そのリセットする事をロールオーバーと呼んでいるそうです。

そして、GPSは米国の人工衛星から送られてくる信号を使って、自分の位置を割り出すシステムで時間情報は週単位で制御されている。一部のシステムはスタートした当時のままで、2の10乗にあたる1024週分(約19・7年)までしか発信されていないみたいです。そのため、1024週ごとに時間がリセットされて1週目に戻る仕組みになっているそうです。

前回は混乱!今回は市民への影響は出ないの??

実は1999年8月に1回目のGPSのリセットは行われました。その時はGPS装置の時刻が狂い、位置情報に不具合が出るケースもあったみたいです。他には飛行機や船、カーナビなどに積まれたGPS装置で対策がとられていない場合、1025週目と1週目とを混同するなどすることで、機器に不具合が起きる可能性があるそうでう。

そして、私たちの一番身近なもので言えばスマホですよね。今回、スマートフォン各社は対策済みという事みたいで安心出来ますね。各会社が前回の反省を踏まえて事前に対策を取っているんですね。

GPSの20年に一度のリセット!ネットの声は?

・GPSのリセットって何?事前に何かやっておくことあるの?

・GPSとかロールオーバーって何のことか全く分からんwww

・GPSのリセットをして不具合とか出ないよね?心配だよ。。。

・スマホの地図とか使い物にならないのかな??どれくらいで終わるの?

 

最後に

GPSのリセットが20年に一度の頻度で行うのはとても貴重な事だと思います。オリンピックは4年に一度なので20年という年月の尊さが身にしみますね。

その一方で20年が長すぎて世間に浸透していないような感じも見て取れます。GPSで影響が出る企業などが対策を一生懸命取ってくれているみたいなので、私たちは何事も無いかのように生活をする事が出来るんですね。

以上でGPSを20年に一度リセット!方法や市民への影響は大丈夫?でした。